千代田区の外郭団体 公益財団法人まちみらい千代田の公式ウェブサイトです

お問い合わせ

  • マンション住民・管理組合支援 相談窓口 はこちらから
  • 中小企業・起業家支援 相談窓口 はこちらから
文字サイズ

マンションでは今どんな防犯対策が求められていますか?《マンションあれこれ質問箱vol.7》

Q.マンションでは今どんな防犯対策が求められていますか?

A.「設備的な対策」と、一人ひとりができる「日常的な対策」の両面から考えましよう。

マンションは狙われている

 千代田区では、特に、戸建て住宅よりも集合住宅への空き巣、不審者の侵入が目立っています。
 エントランスがオートロックの場合でも居住者の後についていけば侵入可能ですし、高層階でも屋上から降りて侵入できるので、決して安心はできません。
 また、数年前と比べると、ベランダからガラスを破っての侵入が非常に多くなっています。

設備的な対策

①玄関ドアの強化
 もはや、ワンドアツーロックは常識です。ピッキングされにくいシリンダー錠と補助錠がついていれば、犯人は見ただけであきらめます。

②窓の強化
 一番効果が高いのが、防犯ガラスへの交換です。防犯フイルムを貼る方法もあります。補助錠をつけるとさらに防犯性が高まります。

③防犯カメラの設置
 エントランス、通用門、エレベーター内、駐輪場などに設置します。設置する場合には、細則などでルールを決めておきましょう。
※玄関ドア、窓ガラス、サッシは基本的に共用部分ですから、管理規約の確認と管理組合への相談が必要です。

④明るさの確保
 エントランスホール、エレベーターホール、駐輪場など明るさを十分確保しましょう。また、1階窓際の植え込み部分も注意してください。

⑤足がかりをおかない
 物置、樹木、クーラーの室外機などが上の階への足がかりにならないか点検しましょう。

日常的な対策

①電気をつけてでかける。…留守であることを知らせないため
②ごみ捨て等短時間でも必ずドアは施錠する。
③ごみ置き場、自転車置き場はルールを守って整然と。
④マンション内で会った人には挨拶をする。
⑤居住者同士、できる限り顔見知りになる。
⑥不審者など、何か気づいたら管理組合に届ける。…情報を管理組合に集めるため

〈マンション防犯機器設置費助成を活用してください〉

 

マンション通信ちよだ第7号(2007.03.25)掲載